Keep ur kicks fresh and clean!

  • 2017.05.25 Thursday
  • 18:57

本日は常連のお客様からこちらの差し入れを頂きました

iPhoneImage.png

いつもありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の東京は朝から雨、もうそろそろ梅雨入りでしょうか…


ゲリラ豪雨なんてのもすっかりお馴染みになっちゃいましたね

同じくゲリラ豪雨が多いニューヨーク

買い付け中、携帯のアラートがけたたましく鳴る事が多くその度に「なんだ?なんだ?」と携帯を見ます。

アラートの理由も様々ですが”Flash Flood”って出たりすると、たちまち空が暗くなってすごい勢いのゲリラ豪雨が降ったりします


だいたい直ぐに止むので道行く人たちは皆雨宿りしたりしてやり過ごすのですが、ダラダラ雨が降る時なんかは通称”傘おじさん”がどこからとも無く現れて地下鉄やデパートの出口とかで傘を売り始めます



とはいえニューヨーカーってホント傘ささない人が多いので、郷に入れば郷に従えって感じで僕らもフード被って雨宿り繰り返しながら買い付けしてます


そんな雨の日のニューヨークで面白いのがプラスチックバッグ(スーパーとかのビニール袋です)を履いてる人達


初めて見た時は思わず笑っちゃいましたが、傘ささずに本人濡れてるのにスニーカーだけは絶対に汚したくないらしくこのスタイル

人気モデルの発売日のスニーカーショップ、雨の日の並びとかではこんな光景も(笑)





そんなニューヨークから”ついにここまで来た”的なアイテムが入荷!
DRY STEPPERS / SNEAKER RAIN COVER




BrooklynでスタートしたDRY STEPPERS社、昨年のSneaker Conでお披露目されると一部のスニーカーフリーク達の間でたちまち話題に


 

耐久性のあるビニールのレインカバーにソールが付いた活気的なアイテム
まさに履けるレインカバー


使い方はシンプル

汚したくない大切なスニーカーを履いてる日はバッグに忍ばせておいて…



雨が降って来たらパッと開いて…



スニーカーを中に入れます、こちらはMサイズ(US8〜US10対応)にUS9を入れてます

最初は「これホントに入る?」って思うくらいジャスト目なんですが、ちょっとコツがあって、まずはつま先から入れて、次にかかと部分のビニールを伸ばす感じで入れて行きます


ビニール自体に伸縮性があり、しかも両手で思いきり引っ張っても大丈夫なくらい耐久性もあります


どのくらい耐久性があるかはこちらの動画を


本気で引っ張っても破けません


フロントのジップを上げて



履き口のドローコードを絞れば


ゲリラ豪雨や泥道、水溜りも問題無し!

動画でも是非

 


もちろんソールもしっかり付いているのでそのまま歩けます!




ちなみに難しいのがサイズ選び


Sサイズ(US5〜US7程度)
Mサイズ(US8〜US10程度)
Lサイズ(US10〜US12程度)
Mサイズ(US12〜US14程度)

となっていますが、あくまで参考程度

*スニーカーを入れるという商品の性質上お買い上げ頂いた商品のサイズ交換、返品はお受けできません。


店頭ではサンプルをご用意していますのでお試し下さい。


通販でのサイズ選びが難しいところだと思うのですが、かなりタイトなサイズ感になっていますのでスニーカーのボリューム感などを考慮してギリギリなサイズは1サイズ上をチョイスされるのをオススメします。


ボリューム感のあるAIR FORCE1だとUS9でMがギリギリな感じ





US10.5のAIR FORCE 1だとLが良い感じ


同じくLサイズでAIR JORDAN 11のUS11やAIR MAX 95のUS12も行けます






加熱したニューヨークのスニーカーカルチャーが産んだユニークなアイテム、バッグやオフィスのロッカー、車のダッシュボードなんかに常備しておけば急な雨にも困りません!

是非!

Author : TAKA

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM