THE NORTH FACE TALK Pt.3

  • 2018.12.15 Saturday
  • 19:50

ファッション表現に関わるクリエイターに、もっと自由でエッジの効いた作品を発表する場を提供し、クリエイターたちに創造的インスピレーションを投げかけられるようにと創刊された話題のヴィジュアルコミュニケーションペーパー「bootcamp magazine」

 

その最新号が到着しました!

この内容でFREE, 店頭でスタッフにお声がけください。数量限定となりますので是非お早めに

 

さて表紙からもわかるように今回のアーティストは先日店にも遊びに来てくれたALEX LEE

 

先月ニューヨークのPROCELLで開催されていた彼の個展で一目惚れした作品を購入させてもらいました

圧倒的に自由な発想とエネルギーに満ちた彼の個展はすごくエキサイティングな体験でした!

 

そんな彼の個展がここ東京でも!

本日より23日まで渋谷のMUSTARD HOTELにて開催中ですので是非足を運んでください!

 

 

さて発売中のUOMOにて取材していただいたこちらの記事

 

動画版が公開されました

こちらの記事もチェックしてみてください!

 

 

毎度のことながらストックルームが狭く一部のみしか写っていませんが、写っていないアイテムの中にあまり知られていない面白いアイテムも色々あったりするのでいつか時間が出来たらブログなどでアイテムの詳細やバックグラウンドなんかを紹介できればと思います。

 

周りの友達も含めて昔からずっと冬はノースフェイスでした

 

この写真、ビーニーの下にドゥーラグ、足元はAF1ってことで多分2000年頃な気がします

当時ノースフェイス集めてた人はこの場所がどこかわかるはず(笑)

 

友達や後輩もみんなバルトロにハマってたこの時期、とある後輩がバルトロのおかげで命を救われたなんてこともありました

 

 

 

動画の中で言ってる98年頃のバックカントリー系てのはこれ、個人的にも思い入れのある一着で初の海外にもこれを着て行きました

 

ビーニー深くかぶりすぎてて前が見えてるのって感じですが90年代のB Boyはサードアイが開いていたのでこれでも大体見えてます

 

それから20年、ひげも伸びて体重も20kgほど増えて別人になりましたが未だに着続けてます

昔のアルバムとかを見ると「あーこの時このノース着てこのスニーカー履いてたなあ...」なんて懐かしく思いつつ20年以上も着るもの変わってないなあなんてしみじみ思います(笑)

 

で、今までを振り返っても今ほどノースフェイスが過熱している時期もないので色々考えさせられたり

 

ヴィンテージのフェイクが出回りまくってるから現行の復刻物を買ったほうがいいですなんて話を以前書きましたが、最近はその復刻物でもフェイクが出回り出してて、20年前とかにサンシャイン通り歩いてたらすれ違う人がかなりの確率でパチモンのヌプシ着てた時を思い出したりします

 

こないだニューヨークでもSuperbad Solaceと昔の話をしてて、かつてニューヨークでも$30とかでヌプシのパチモノが売ってたって言っててこういうのも万国共通なんだねって笑いました

 

 

Author : 大橋高歩

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM