#fromthehoodtoyourhead

  • 2020.04.01 Wednesday
  • 20:00

さて、今日はアメリカの各地区にフォーカスを当てた"Hood hat"より新作が到着しました!

 

単にブランクに刺繍をうつだけならどこでもできますが、ここのは細部まで拘りを感じる作り

 

古いスナップバックを参考にした抜群のシルエットをはじめ、個人的にはヴィンテージのスナップをわざわざつかっているのにやられました

iPhoneImage.png

 

こんな感じでちょっとダメージがあるのもむしろ良いなと

 

商品ページの写真がちょっとわかりにくくなっちゃいましたが、芯抜きのフロントロゴは生成り色。ボディも黒じゃなくて、ヤンキースの様な深いネイビーなので合わせやすいです

 

ブランドのロゴが控えめにボディと同色なのも、あくまでも主役はフッドっていう感じがして良いです

 

汚れが目立ちにくい内側のベージュの汗止め、よりクラシックな雰囲気が出てます

 

そしてボディに使われた上質なウール、かぶっていくうちに良い味が出そうです

 

 

まずはマンハッタン、このぐらい直球なのも逆にいいかも

"Hood Hat" 

/ MADE IN USA SNAPBACK CAP (Manhattan) -NAVY x NATURAL

 

 

 

 

 

 

 

 

お次は説明不要のハーレム、ニューヨークの5ボローの中で一番好きって方も多いんじゃないでしょうか

"Hood Hat" 

/ MADE IN USA SNAPBACK CAP (Harlem) -NAVY x NATURAL

 

 

 

 

 

 

続いてマンハッタンのミッド・ウエストに位置するヘルズ・キッチン

"Hood Hat" 

/ MADE IN USA SNAPBACK CAP (Hell's Kitchen) -NAVY x NATURAL

 

 

 

いまはそんな事もありませんが、かつては治安の悪い地区としても有名でした。ちなみにあのアル・パチーノの地元です

 

世界規模で見てみてもかなりの大きさなバスターミナル、"ポートオーソリティバスターミナル"があるのもヘルズ・キッチン、目の前にニューヨークタイムズのビルもあったりします

 

彼が守っているのも

 

 

 

最後は多国籍なイメージもあるクイーンズのアストリア

iPhoneImage.png

"Hood Hat"

/ MADE IN USA SNAPBACK CAP (QUEENS Astoria) -NAVY x YELLOW

 

 

この記事でアストリアやその周辺のロケ地が紹介されてますが(マニアっぷりが最高!)

iPhoneImage.png

印象的なあのシーンに出てくるダイナーもアストリアだったんですねー

 

ゆっくり探索したくなりました

 

 

 

ちょっと前のNEW YORK POSTの記事では、元シェフでクイーンズネイティブのAction Bronsonがアストリアのギリシャシシカバブを挙げてます。この人が言うと普通より説得力ありますね

iPhoneImage.png

Via NEW YORK POST

 

 

という事でHood hat、古着とかに合わせる雰囲気で是非!

 

Author : YUMA

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM