SPICE CURRY

  • 2020.04.09 Thursday
  • 19:55

こんにちは!

 

今日は牛スジカレーを作ってみたのでご紹介します!

 

結論からいうと調理時間が結構かかりましたが、

手間をかけた分美味しかったです

 

では早速参りましょう!

 

初めに牛スジに下味を付けます

・牛スジ(小パック)

・長ネギ(青い部分だけ)

・合わせ調味料(醬油大さじ2、酒大さじ1、みりん小さじ1、砂糖少々)

 

このように和風ベースの下味をつけていきます

 

 

全てをジップロックに入れ低音調理器に入れていきます(85度で2時間に設定しました)

 

 

実はこの低音調理器ヤスさんが愛用しており、

家族サービスでご馳走を作っているみたいです!(笑)

前から話を聞いており僕も時間をみつけては低音調理を使っています

 

ヤスさんにも是非ブログをアップして貰いたいです!(笑)

 

 

もちろん圧力鍋や小さな鍋でコトコト煮るのでも全く問題ありません!

 

 

次にカレーの素を作っていきます

これだけの量だとおよそ2人前になります

・ニンニク 1かけ

・生姜 1かけ

・玉ねぎ 1玉

・トマト 2個

・クミンシード 約小さじ1/2

・クミンパウダー 約小さじ1/2

・コリアンダーパウダー 約大さじ1

・ターメリックパウダー 約小さじ1/2

・チリパウダー 約小さじ1/2

 

 

余談ですが、、

スパイスは袋タイプではなく、ボトルタイプが良いと思います。

前に袋で購入したのですが輪ゴムが劣化して口が開いたり

こぼれそうで何かと収納も大変だった覚えがあります。

 

 

 

 

まずは玉ねぎをみじん切りに、ニンニクと生姜はすり下ろします

玉ねぎは時間かかってでも極力細かく切っておいた方が良いかなと!

 

 

それでは火にかけていきます

サラダ油をひき、まずクミンシードを入れ香り付けしていきます

火加減が強いとすぐ焦げてしまうので弱〜中火とかが良いかと思います

焦げ茶になってきた所でニンニク、生姜を投入、こちらも焼き目をつくまで炒めていきます

 

 

 

次に玉ねぎを投入

ひたすら水分を飛ばす作業です、やや根気がいりますがここでいかに水分を飛ばすかが後の味の決め手になってくると思います

長期戦なので音楽をかけてコーヒーを飲むテンションぐらいが丁度良いです!

 

 

20分程炒めると飴色になってきます

ここでも火が強いとすぐ焦がしてしまうので、弱〜中火ぐらいが良いかと

 

 

玉ねぎの水分が飛びきった所でトマトを投入

トマトも出来るだけ細かく刻むと良いです

潰しながら炒める感じで、こちらもとにかく水分を飛ばします

 

 

10〜15分程でこんな感じに

 

 

炒めている間に後に入れるスパイスをスタンバイ

・塩小さじ1

・クミンパウダー約小さじ1/2

・コリアンダーパウダー約大さじ1

・ターメリック約小さじ1/2

・チリパウダー約小さじ1/2

※先ほど紹介した分量です

 

 

水分が飛び切ったなって所でスパイスを投入

中央に空間を作ってスパイスを炒りながら混ぜていきます!

弱火ぐらいでゆっくり炒めるのが良いかと

 

 

こんな感じで固形状になればカレーの素の完成です!!

 

そうこうしていると牛スジが出来上がりました!

見た目良い感じです!

 

お湯が温まっているうちにトッピングの半熟卵を仕込んでおきます!(65度30分設定)

 

いよいよ大詰め

仕上げに取りかかります!

 

食材はこんな感じです

・煮込んだ牛スジ

・カットトマト缶

・ガラムマサラ

・ヨーグルト

・インスタントコーヒー少々

 

 

まずトマト缶(半分)を入れ水で割ります

・先ほど作ったカレーの素

・牛スジ

・予め炒めておいたシメジと舞茸

を入れこんな感じに

この時は中火ぐらいです

 

 

煮込った状態で、ヨーグルト少々とコーヒーを入れます

 

最後に味を整える感じでガラムマサラをサッと一振り、馴染ませて完成です!

 

 

 

やや具だくさん笑

にはなりましたが無事完成しました!

 

 

半分ぐらい食べてから、半熟卵入れると良い感じでした!!

 

手間と時間のかかる料理ではありましたが、その分の味わいは格別

好きな歌かけてたまにはゆっくり作るのもありではないでしょうか

 

たまにはしっかり手料理、Uber Eats利用するなどして美味しい物を食べて乗り切りたいですね!

 

オススメの調理法、これ入れるとヤバイなどがあれば

お店が再開した時に是非聞かせてください!

 

長々と有難うございました!

 

 

 

Author : SEIYA

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM