Hat care

  • 2020.04.21 Tuesday
  • 21:01

汚れが気になってあまり被れていない買い替えの効かないビンテージ物、お気に入り過ぎて普段から被りまくって酷く汚れてしまっているものなど、皆さんの手元にもいろんな事情を持ったキャップ類がたくさんあると思います

そんな大事なキャップ類を長持ちさせる為に普段から自分が行っているお手入れ方法をご紹介していきます!

 

まず最初に特に大事な注意点をお伝えします

・キャップのサイズが少し小さくなる

・コットンやナイロンの物に限る

・色落ちする事がある(特に80〜90年代の赤は色落ちが激しいのであまりオススメできません)

以上です!

 

では早速いってみます!

帽子がすっぽり入るボックスやボウルを用意します(自分はスニーカーの収納に使っている物を使用しています)、もし無いようであれば洗面台を直接使っても大丈夫です

 

そこに45〜50度くらいのお湯をキャップ全体が浸かるまで注ぎます

 

次に全体に衣類洗剤を入れてかき混ぜ(分量は適当です)、

 

汚れが特に気になる部分は衣類洗剤を歯ブラシで染み込ませます

 

その後、重曹を全体にザックリと振りかけます、これまた分量は適当です

 

ここから1時間ほどのつけ置きスタートです!

 

1時間後がこちら、今回の物はそこまで汚れが酷くなかったものの見た目で分かるくらい汚れが浮き上がってきました

 

そこからキャップを洗面台に移して、洗剤が残らないようにすすいでいきます

 

しっかりすすげていないと、干して乾いた後にシミができてしまうので何度も何度も行ってください、ここが1番大事です!

すすぎが完了したら水気を切ってタオルで全体を拭いてあげます

 

その後、中にタオルを入れて(できればキャップを拭いた物でない乾き切ったタオル)、

 

型を整えて軽く乾かします

 

最後に中のタオルを抜いてこんな感じでハンガーにかけて乾かせば終了です!

このとき乾きを早くする為にアジャスターをマックスに緩める、跡をつけない為に洗濯バサミを使わないようにしてください!

 

応用ですがFittedのものを大きくしたい場合は、瓶やペットボトルを駆使して中に入れて乾かせてやれば1cmくらいは大きくなります!

逆にサイズを小さくしたい場合はドライヤーなどで早急に乾かしてあげればかなり小さくなります!

 

最初は難しいですが慣れてきたら楽しくなってくると思うのでお時間のあるこのタイミングで是非お試しください!

 

Author : Shun

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM